命に関わる仕事なのに、安いんだな

私が転職する際にハローワーク等で様々な職種のお給料がどの程度なものなのか垣間みる事がありました。パートの時給としては、一般の職種のお給料よりも薬剤師の給料は2倍以上高いものでした。しかし、正社員としての雇用を見てみると、一概に薬剤師の給料は他と比べて高いとは思いませんでした。また、薬剤師といっても調剤薬局、ドラッグストア、病院、と働く場所は様々です。その中でドラッグストアや個人薬局の値段が高く設定されているように思います。

良く耳にする大手薬局チェーンがその下、病院薬剤師が一番お給料は低いのではないでしょうか。大手薬局チェーンは研修制度が充実している所が多いので、その研修が会社の経費として受けられると思えば、個人薬局のお給料より多少安くてもメリットはあるのかな、と思います。しかし、病院薬剤師にはもう少しお給料があっても良いのではないかな、と感じました。

正直なところ、薬剤師の給料は安いんだな、と感じます。もちろんドラッグストアに勤める薬剤師さんは調剤のみならず一般薬や他の生活雑貨、多種にわたって商品の把握をしなければいけないし、力仕事も多いと思います。しかし、病院薬剤師に関して言えば、調剤薬局で行う仕事以外に、注射薬や点滴薬も扱います。無菌調剤もしますし、抗がん剤のミキシング等も行います。

どちらもかなり神経を使う作業です。また、チーム医療が主流になった今、医師や看護師、栄養士等他の医療スタッフと共にカンファレンスにも参加します。もう少し薬剤師の給料が高くても良いのではないでしょうか。でも、これは国民が薬剤師に対する信頼、必要性を感じていないからなのかもしれません。薬剤師はもっと自己研鑽に努め、薬剤師としてアピールをする必要があるのかもしれません。そうすれば自ずと薬剤師の給料も良くなるのかな、と感じます。